PATOLO(パトロ)はパパ活アプリとどう違う?料金や使い方から口コミ評判まで解説

当サイトには広告へのリンクが含まれており、18歳未満の利用を禁止しております。
PATOLO(パトロ)はパパ活アプリとどう違う?料金や使い方から口コミ評判まで解説

PATOLO(パトロ)というパパ活アプリが気になっているけれど、まずはどんなアプリなのか知りたいという女性もいるのではないでしょうか。

本記事ではPATOLO(パトロ)がどんなパパ活アプリなのかを詳しくご紹介するとともに、PATOLO(パトロ)の使い方やメリット、注意点まで解説します。

PATOLO(パトロ)は他のパパ活アプリやマッチングアプリとはひと味違う、交際クラブとパパ活アプリの良いところが合わさったアプリです。

複数の交際クラブが参加しているため出会いの数も多く、質の高いパパに出会いやすくなっています。

PATOLO(パトロ)に登録するか迷っている人は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

>>パパ活アプリおすすめランキング!稼げる人気サイト19選比較2024

読みたいところをタップ!

PATOLO(パトロ)はどんなパパ活アプリ?

PATOLOトップ画像
サイト名PATOLO(パトロ)
URLhttps://patolo.jp/
サービスリリース日2023年7月7日
会員数(累計)15,000人
入会条件・18歳以上(高校生不可)
・身分証明書の確認がとれる
・犯罪履歴がない方
・反社会的勢力に関係がない方
・入会面接に通過した方
運営会社ユニバースグループ
所在地東京都渋谷区宇田川町36-2

PATOLO(パトロ)は2023年にリリースされた、最新のパパ活専門マッチングアプリです。

女性会員を「タレント」、男性会員を「サポーター」と呼び、夢を叶えたいタレントと夢を応援しつつ、自分自身の癒やしを求めるサポーターの出会いを演出します。

その出会いを演出するのが「エージェント」と呼ばれる加盟店です。

PATOLO(パトロ)は業界初のプラットフォーム事業で、複数の交際クラブやマッチングサービスがそれぞれの会社の垣根を超えて加盟店として集合する仕組みになっています。

そのため複数の交際クラブに登録することなく、PATOLO(パトロ)ひとつでたくさんの異性と出会うことが可能です。

また交際クラブの信頼性と質の高さ、パパ活アプリの手軽さ、スピード感といった良いところを合わせた新しいサービスとなっており、新しいアプリにもかかわらず会員数は日本最大級です。

PATOLO(パトロ)では交際クラブと同じく入会時に男女共に対面(オンラインも可)による審査があるため、男性の質が担保され、安全に利用することができます。

さらにタレント・サポーター・エージェント間で、利用後に自分以外の2者の評価をフィードバックし、公開しているので、マッチングの際に問題のある利用者を避けることも可能です。

PATOLO(パトロ)はユニバースクラブ直営のサービス

PATOLO(パトロ)はユニバースクラブが運営しているアプリです。

ユニバースクラブは日本中の各主要都市に拠点を持つ、日本最大級の交際クラブ。

会社経営者や医師、弁護士など富裕層の男性が多く登録しており、安全に質の高い出会いを求めることができます。

PATOLO(パトロ)はそのユニバースクラブ直営のサービスで、他の交際クラブなどが加盟店として参加することで、会員のデータを共有しています。

そのため、ユニバースクラブを含めた様々な交際クラブやマッチングサービスに登録している多くの異性と出会うことができます。

PATOLO(パトロ)の出会い(デート)システムは2種類

PATOLO(パトロ)は交際クラブとパパ活アプリの機能が合体しているため、異性とデートをするにはオートデートとオーダーデートという2種類のシステムを利用できます。

それぞれのデートシステムについてご説明しましょう。

オートデート男性が好みの女性とチャットで直接メッセージ交換を行います。
気に入ったら各自で日程や待ち合わせ場所を相談し、「デートに誘う」ボタンを押して申し込みます。 
オーダーデート交際クラブ形式で加盟店のエージェントに好みのタイプや条件を伝え、
条件に当てはまる女性を紹介してもらいます。

エージェントが日程調整までをサポートしてくれるため、スケジュール調整料はかかるものの、面倒なやりとりは不要でスムーズにデートに進めます。

デートをする方法を自由に選べるのが、PATOLO(パトロ)の利点であるといえるでしょう。

【18禁】PATOLOに登録する

PATOLO(パトロ)の口コミ評判

PATOLO(パトロ)には女性会員(タレント)と男性会員(サポーター)の利用後のフィードバックがあり、口コミのように公式Xで公開しています。

女性会員から男性会員のフィードバックを5つご紹介しましょう。

女性から男性へのフィードバックを見る限り、男性会員には紳士的で優しい男性が多いことが見受けられます。

このようにハッキリと評価が公開されるからこそ、悪質で非常識な会員に出会うことなく、質の高い出会いを求めることができます。

【18禁】PATOLOに登録する

PATOLO(パトロ)の登録方法から顔合わせまでの流れ

PATOLO(パトロ)で出会うには、複雑な手続きが必要なのではないかと思っている女性もいるのではないでしょうか。

ここからは登録してから顔合わせまで、どのような流れになっているのかを詳しく解説します。

タレント登録申し込み

まずは公式サイトにある「タレント申込」から入会の申し込みをします。

名前・登録希望エリア・性別・年齢・メールアドレス・電話番号を入力して送信し、加盟店からの連絡を待ちます。

一般的なパパ活アプリと違い、PATOLO(パトロ)の入会には面接が必要なので、加盟店から返信が来たら、面接希望日時を指定しましょう。

加盟店スタッフが日時を調整し、面接の日程や面接場所を伝えてくれます。

面接・プロフィールの作成

当日は対面かオンラインで面接を行います。

遅刻や急なリスケは印象が悪くなり、面接結果に影響する可能性があります。

また登録時に顔写真つきの身分証明書の提出が必須なので、必ず持って行くようにしましょう。

面接では男性は年収や資産の正確性、人間性を審査され、女性は容姿や立ち居振る舞いだけではなく性格や言葉遣い、愛想の良さなどが審査されます。

身なりに気を遣っているかも審査されるため、清潔感があり、デートに行くような服装で行くようにしましょう。

面接の際に規約や注意事項、オファーからデートの流れの説明、写真・動画の撮影も行い、プロフィールを登録します。

PATOLO(パトロ)アカウント発行

面接審査に合格したら、PATOLO(パトロ)に入会できます。

合格した場合は1週間以内に、PATOLO(パトロ)からタレント個人へPATOLO(パトロ)会員ページのログイン情報が送信されます。

そこから初回ログインをして、登録完了です。

ログインをしないままにしていると会員一覧に表示されないので、すみやかにログインしましょう。

ログイン後、プロフィールの編集や男性会員のプロフィールの閲覧ができるようになります。

男性との顔合わせの約束

オートデートかオーダーデートで男性からオファーをもらうか、「逆オファー」と呼ばれる自分から男性にデートの申し込みをして、顔合わせの約束が可能です。

オートデートの場合は一般的なマッチングアプリと同様にチャットでやりとりをしながら日程を調整します。

オーダーデートの場合はエージェントが間に入ってデートの日程を調整します。

顔合わせ当日

顔合わせ当日は遅刻することのないよう、早めに待ち合わせ場所に向かいましょう。

待ち合わせ場所で合流してから、ゆっくりと顔合わせできるお店などに移動します。

一般的に顔合わせは、駅などわかりやすい目印のある場所で待ち合わせて、喫茶店やホテルのティーラウンジで行うことが多いでしょう。

お茶をしながらお互いのフィーリングを確認し、今後の交際や条件について交渉します。

顔合わせの交通費はPATOLO(パトロ)を通じて後日女性に振り込まれるため、当日に男性から金銭を受け取ることはありません。

顔合わせの際にお互いの印象が合い、交際に発展した場合は直接男性から別途お手当をもらいます。

顔合わせ(デート)のフィードバック

顔合わせを終えた後は、PATOLO(パトロ)にログインし、自分以外の2者に対して評価をフィードバックします。

このフィードバックは後にプロフィール画面で公開されます。

フィードバック完了後にチップを受け取ることができるため、必ず行いましょう。

2回目以降のデートの約束

顔合わせでお互いに印象が良く、条件が合えば2回目以降のデートの約束をします。

顔合わせのお礼を伝える際に2回目のデートの約束をするとスムーズに進むでしょう。

なお2回目以降はPATOLO(パトロ)を通さずにデートをしてもOKですが、個人的な連絡先を交換したくない場合はそのままPATOLO(パトロ)のチャット機能を利用できます。

PATOLO(パトロ)はこんなパパ活女子におすすめ

どの交際クラブやパパ活アプリでも、人によって向き不向きがあります。

PATOLO(パトロ)は以下のようなパパ活女子におすすめのアプリです。

ハイクオリティな出会いを求めている

PATOLO(パトロ)はハイクオリティな出会いを求めているパパ活女子には特におすすめです。

PATOLO(パトロ)は複数の交際クラブが集合したアプリなので、普段交際クラブを利用しているような、リッチで社会的地位の高い男性が多く登録しています。

また交際クラブと同じく面接で収入や資産の確認も行っており、男性の質が保証されています。

そのため他のパパ活アプリやマッチングアプリに比べて、ハイクオリティな出会いが期待できるでしょう。

自分磨きを向上したい

PATOLO(パトロ)には自分磨きを向上したいパパ活女子にもおすすめです。

まずPATOLO(パトロ)に入会するためには面接があり、そこでは容姿のレベルはもちろん、髪や肌のお手入れや自分に似合うメイク・ファッションの研究をしているかなども審査されます。

パパ活ではやはりパパが一緒に歩いて誇らしく感じるような女性を求められることが多いため、メイクやファッションの研究で自分磨きをして、どんどん自分を向上させたいという女性は向いているでしょう。

交際クラブに興味があるけど敷居が高く感じてしまう

以前から交際クラブに興味があったけれど、高級なイメージがあり、自分には敷居が高いと感じてなかなか一歩踏み出せなかった女性にも、PATOLO(パトロ)がおすすめです。

PATOLO(パトロ)は交際クラブとパパ活アプリの良いとこどりのアプリなので、交際クラブと同じくらい男性の質が高いのに、パパ活アプリのように手軽に利用することができます。

しかも交通費を貰い損ねることもなく、パパ活に理解がある男性が多いので、一般的なパパ活アプリよりもパパ活で稼ぎやすいアプリであるといえるでしょう。

安全にパパ活を始めたい

安全にパパ活を始めたいパパ活女子にもPATOLO(パトロ)は最適です。

PATOLO(パトロ)は安心・安全なパパ活を追求しており、そのために以下の3段階のフィルターを用意しています。

  • 対面(オンライン)での入会審査
  • 違反報告
  • フィードバックの公開

このように、登録時に面接で業者や悪質な会員を排除し、利用中に迷惑行為などがあった場合、会員からの違反報告があればすぐに対応しているため、危険な会員と出会うリスクが抑えられています。

さらに利用後はフィードバックによる評価システムもあるという、3段階のフィルターを通すことで安心・安全にパパ活を始めることができます。

【18禁】PATOLOに登録する

PATOLO(パトロ)でパパ活をするメリット

PATOLO(パトロ)は交際クラブとパパ活アプリの利点が合わさったアプリであるため、PATOLO(パトロ)ならではのメリットが多数あります。

ここからはPATOLO(パトロ)を利用してパパ活をすると、どのようなメリットを得られるのかを解説していきます。

複数の交際クラブでパパ活ができる

PATOLO(パトロ)に登録するだけで、複数の交際クラブでパパ活ができるのは大きなメリットです。

より高額なお手当をくれる太いパパと出会うために、今まで複数の交際クラブやパパ活アプリをかけもちしていたパパ活女子も多いでしょう。

一般的な交際クラブやパパ活アプリでは、そこに登録している男性としか出会うことができません。

しかしPATOLO(パトロ)は複数の交際クラブが加盟店として参加し、会員のデータを共有しているため、PATOLO(パトロ)ひとつだけで複数の交際クラブに登録している男性と出会うことができます。

「パパ活」がある程度容認されている

一般的なマッチングアプリはパパ活への規制が厳しく、パパ活を匂わせるようなワードをプロフィールやメッセージに書いていると削除されることがあります。

そのため、直接的なワードを隠語に書き換えたプロフィールを作るのに苦労した経験があるパパ活女子もいるのではないでしょうか。

しかしPATOLO(パトロ)はパパ活に特化したアプリであるため、パパ活に関するワードを記入してもOKです。

ただし性行為に関するワードはNGなので、プロフィールやチャット内で直接的なワードを使うのは控えましょう。

交通費はPATOLO(パトロ)が振り込むので面倒なやり取りが不要

今までの交際クラブやパパ活アプリでのパパ活では、交通費はパパのお気持ち次第で、事前にやりとりで交渉しなければならなかったり、場合によってはもらえなかったりすることもあります。

しかしPATOLO(パトロ)では女性とデートする前に、男性が交通費を先にアプリで精算をするシステムになっているため、条件交渉不要でデートの交通費をもらうことができます。

交通費を貰い損ねることもままあるパパ活においては、交通費を貰えることが確約されているというのも大きなメリットです。

パパへアプローチ(逆オファー)ができる

PATOLO(パトロ)には一般的な交際クラブにはない「逆オファー」という機能があり、女性から気になる男性にアプローチをすることができます。

やり方はパパ活アプリと同じで、女性が男性のプロフィールを検索し、自分の好みや希望に合いそうな男性を探します。

そして男性にチャットを送り、デートの申し込みをします。

ただし逆オファーには1,000円~10,000円ほど支払う必要があり、デートが成立しなかった場合はお金はかかりません。

男性から選ばれるのを待つだけではなく、お金がかかっても自分から気に入った人に逆オファーをした方がマッチングが早く、稼げる可能性もアップします。

【18禁】PATOLOに登録する

PATOLO(パトロ)でお手当をしっかりもらう方法

PATOLO(パトロ)に限らず、パパ活には相場というものが存在します。

この相場は地域や女性の年齢、アプリによって変わることがあるため、あらかじめ調べておくのがおすすめです。

この相場を理解してからパパと条件交渉をしないと、高すぎる場合はパパに断られ、低すぎる場合は少ないお手当てしかもらえないという状況に陥ってしまいます。

お手当をしっかりともらうために、ここからはPATOLO(パトロ)のパパ活相場や、チップ(交通費)の設定方法について解説していきます。

PATOLO(パトロ)のパパ活相場一覧

20代30代40代
顔合わせ5,000円~30,000円5,000円~20,000円3,000円~
食事飲み5,000円~40,000円5,000円~40,000円5,000円~
デート10,000円~20,000円1,000円~20,000円5,000円~
定期(大人あり)100,000円~1,000,000円100,000円~800,000円100,000円~

以上のように、PATOLO(パトロ)のパパ活お手当相場は他のパパ活アプリに比べると若干高めになっています。

実際にもらえるお手当はパパの経済状況にもよりますが、PATOLO(パトロ)に登録している男性は会費の高い交際クラブを利用するようなリッチな男性が多いため、相場が高めになっていると考えられます。

パパに条件を聞かれた時は、こちらの相場を参考にしながら、希望する金額を決めて伝えるとスムーズに交渉が進みやすいでしょう。

顔合わせ前にチップ(交通費)を設定しよう

パパ活では「顔合わせではお手当を渡さない」と決めている人もいたり、相手がケチって少ししか交通費をもらえなかったりすることもあります。

その点PATOLO(パトロ)では、チップと呼ばれる交通費を自分で設定できるシステムがあります。

このチップはデートの前に男性が精算をして振り込まれるので、パパ活でよくある「顔合わせは0.5でお願いします」といったような交渉は不要です。

チップ(交通費)の金額は0円~20,000円まで自由に設定できます。

デートの申し込みの段階で男性がアプリ側に設定された金額を払い、その後女性に振り込まれるため、交通費をもらい損ねることがありません。

【18禁】PATOLOに登録する

PATOLO(パトロ)とユニバースクラブの違い

PATOLO(パトロ)はユニバースクラブが運営しているアプリですが、ユニバースクラブとはどのような違いがあるのでしょうか。

それぞれのサービスでできることとできないことを一覧表にまとめました。

PATOLOユニバースクラブ
異性へ直接メッセージ×
スタッフによるデート調整
異性と直接デート調整×
逆オファー×
他クラブ女性とデート×
フィードバックの確認×
交通費の事前精算×
振込でのポイント購入

ユニバースクラブに比べるとPATOLO(パトロ)は直接のやりとりや気になる男性に逆オファーができるといったように、一般的なパパ活アプリに近い機能があります。

さらに他のクラブの異性とも出会えるため、パパ活の自由度がかなり高いアプリであるといえるでしょう。

また交通費が相手からの手渡しではなく、アプリを通して支払われるため、PATOLO(パトロ)にはパパ活女子にとって嬉しい機能が満載です。

PATOLO(パトロ)の利用料金

ここからはPATOLO(パトロ)を利用する際にかかる料金について解説していきます。

女性の利用料金

女性は基本的な機能であれば無料で利用できます。

ただし自分から男性にアプローチをする「逆オファー」をする場合は女性も有料です。

逆オファーの料金は相手によって違い、1,000円~10,000円の料金がかかります。

男性の利用料金

男性の利用料金は以下のようになっています。

登録料月額プラン 11,000円
年間プラン 110,000円
PATOLO使用料(セッションごと)11,000円
タレント料女性により変動
スケジュール調整料加盟店により変動(オーダーデートの場合)
タレント交通費(チップ)~20,000円(女性側で設定)

セッションとはマッチングからデートまでのことです。

男性は1回のセッションごとに料金が発生するため、女性1人あたり、3~5万円の料金が目安です。

タレント料

いわゆるお手当てのことで、女性ごとに加盟店が設定した料金です。

スケジュール調整料

オーダーデートの際に加盟店が設定した料金です。

タレント交通費(チップ)

お手当てとは別に渡す交通費で、0円~20,000円まで女性が設定します。

支払い方法

PATOLO(パトロ)はクレジットカード決済で事前にポイントを購入し、必要な金額分のポイントが消費されるシステムになっています。

オートデートでは女性にデートを申し込む際に、ポイントで精算が必要です。

オーダーデートの場合はデートが確定した時点で自動的にポイントが引き落とされます。

1pt=1.1円で、購入する金額が多ければ多いほどたくさんのボーナスポイントが付与されますが、女性の場合は逆オファーでしかポイントを使用しないため、あまりまとめ買いをする人はいないでしょう。

クレジットカード決済ができない場合は、銀行振込でもポイントを購入できます。

PATOLO(パトロ)でパパの目に留まるプロフィールとは?

一般的なマッチングアプリやパパ活アプリと同じく、PATOLO(パトロ)においても、プロフィールは非常に重要な項目です。

男性の目に留まるプロフィールを作れるかどうかで、パパ活での稼ぎが全く違います。

パパ活アプリで好まれるプロフィールを作るには、まずパパ活をしている目的を書きましょう。

パパ活をしている男性には「夢や目標のある女性を応援したい」「頑張っている女性をサポートしたい」と思っている男性が多くいます。

パパ活をしている男性自身も努力をして社会的な成功を得た男性が多いため、ただ遊ぶお金欲しさにパパ活をしている女性より、夢や目標のために頑張っている女性を応援したくなるものです。

「将来起業をしたい」「海外に留学して勉強したい」といったように、具体的な夢や目標を書くのがおすすめです。

さらに、自分の性格や周りからはどう言われているか、趣味や休みの日の過ごし方など基本的なプロフィールを書くのも忘れずに。

プロフィール写真や動画ではわからない、自分の内面をアピールしましょう。

最も気を付けるべきことは、プロフィールであまりお金の話をしないことです。

PATOLO(パトロ)はパパ活に特化したアプリなので、会えばお手当てが発生することを男性は理解しています。

それなのにお金の話ばかり書いていると、「ガツガツしている」「品がない」と思われて、良いパパに避けられてしまうことがあります。

PATOLO(パトロ)の注意点・気をつける事

ここからはPATOLO(パトロ)を利用するうえでの注意点や、気をつけるべきことについて解説します。

メッセージ内で「大人あり」交渉は禁止

PATOLO(パトロ)ではプロフィールやメッセージでお手当の交渉ができますが、「大人あり」といったような直接的なワードでの交渉はNGです。

なぜなら「大人あり」といった肉体関係を匂わせる交渉は売春行為にあたる可能性があるからです。

基本的にPATOLO(パトロ)ではデート初日に肉体関係に発展することは推奨しておらず、そのかわりに女性のプロフィールに以下のような交際タイプを表示しています。

交際タイプ内容
Aお食事デート(基本的にお茶やお食事のデート希望)
B1ゆっくり(複数回デートをしてフィーリングが合えば、発展する可能性あり)
B22回目から(2回目から交際に発展する可能性あり)
Cフィーリング次第(初日かフィーリングが合えば交際に発展する可能性あり)
D積極的(初日からスマートにお誘い頂ければ、交際に発展する可能性あり)

PATOLO(パトロ)ではあくまでマッチングからデートまでのサポートをしており、その先の関係は上記の交際タイプを踏まえたタレントとサポーターの自由恋愛という形になっています。

男女比率に偏りがありライバルは多い

一般的な交際クラブやパパ活アプリと同じように、PATOLO(パトロ)の男女比率は圧倒的に女性が多くなっています。

2024年2月の公式Xでは、女性の新規入会数が男性の約20倍であると発表されています。

ひとりの男性に対して多くのパパ活女子が集まることとなり、ライバルはかなり多いでしょう。

女性によっては男性からのオファーがなく、逆オファーをしてもなかなか出会えない場合もあります。

プロフィール写真は加工できない

PATOLO(パトロ)では原則として、プロフィール写真の加工を禁止しています。

プロフィール写真は入会審査の際に撮影されるため、撮影者の技術による写りの差や、加工によるいわゆる「写メ詐欺」もありません。

またPATOLO(パトロ)では短い動画を撮影してプロフィールにアップするため、実物とのギャップがないありのままの姿を相手に見せることになります。

チップ(交通費)は振込のため即日受取ができない

一般的に顔合わせの交通費は当日男性から直接手渡されますが、PATOLO(パトロ)では後日振り込まれるシステムです。

顔合わせ後のフィードバックが完了した後に女性のアカウントにポイントという形で付与され、振込申請をすると翌月15日に振り込まれます。

男性はデートの申し込みの際にチップ(交通費)の精算をしているため、必ず受け取ることはできますが、即日受け取りをすることはできません。

PATOLO(パトロ)のよくある質問

PATOLO(パトロ)を利用してみたいけれど、もっと知りたいことがあるという女性のために、ここからはPATOLO(パトロ)に関するよくある質問にお答えしていきます。

PATOLO(パトロ)の男性会員の特徴が知りたい

会社経営者・役員・医師など年収が高く、リッチな男性が多いです。

加盟店スタッフが面接で人間性も審査しているため、紳士的な男性が多いでしょう。

ただし遅刻やマナー違反など女性の態度しだいでは、不機嫌な対応になってしまう男性もいます。

PATOLO(パトロ)は未成年でも登録できますか?

PATOLO(パトロ)では、18歳未満の未成年者の利用を禁止しています。

面接の際に運転免許証などの身分証明書を提示し、身元や年齢が確認されるため、年齢をごまかして登録することはできません。

PATOLO(パトロ)は審査制ですか?

審査制です。

PATOLO(パトロ)は男女ともに面接があり、加盟店のスタッフの審査を通過しなければ入会できません。

オンライン面接にも対応していますが、原則として対面での面接となります。

女性の場合、容姿や立ち居振る舞いだけではなく、言葉遣いやコミュニケーション能力、基本的なマナーなども審査の対象です。

PATOLO(パトロ)のタレント料の相場を教えて下さい

PATOLO(パトロ)のタレント料は女性のレベルや加盟店の設定によって異なります。

数千円~数万円と幅広いものの、交際クラブのセッティング料に比べると少しリーズナブルなイメージです。

PATOLO(パトロ)のアプリ版はありますか?

PATOLO(パトロ)のアプリ版はなく、AppStoreやGooglePlayなどでダウンロードすることはできません。

PATOLO(パトロ)はインターネットでブラウザを使って利用するWEBサイトで、スマートフォンでの閲覧を推奨しています。

PATOLO(パトロ)の対応エリアが知りたい

PATOLO(パトロ)の加盟店があるエリアであればどこでも対応しています。

運営元のユニバースクラブは日本全国の主要都市に拠点を持っているため、基本的には全国的に利用が可能です。

ただし積極的にパパ活をしている人が首都圏や大都市に集中する傾向があるため、大都市近辺の方がパパ活の相手を見つけやすいでしょう。

PATOLO(パトロ)の退会方法を教えてください

PATOLO(パトロ)の退会手続きはアプリから簡単に行えます。

設定画面から「アカウント設定」→「退会手続き」をタップします。

退会理由をチャットで記入し、送信すれば退会手続き完了です。

【結論】PATOLO(パトロ)でワンランク上のパパ活を体験してみよう

PATOLO(パトロ)の使い方や口コミ、料金相場やメリットについて解説しました。

以下、記事のまとめです。

  • PATOLO(パトロ)はユニバースクラブが運営する新しいパパ活アプリ
  • 複数の交際クラブが参加している
  • 質の高い男性と出会える
  • 男女ともに入会時に面接がある
  • デート後のフィードバックを公開している
  • 交通費を自分で設定し、貰い損ねることがない

PATOLO(パトロ)は複数の交際クラブやマッチングサービスが参加しているパパ活アプリです。

交際クラブの高級感と信頼性、パパ活アプリの手軽さとスピード感を併せ持つ新しいアプリで、安心・安全に素敵なパパを探すことができます。

入会時には交際クラブと同様に面接があるものの、審査を通過すればハイクオリティでリッチな男性との出会いが期待できます。

今までのパパ活アプリよりもワンランク上のパパ活がしたいなら、ぜひPATOLO(パトロ)を利用しましょう。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kadi(カディ)のアバター kadi(カディ) ママ活マイスター

貧乏な大学生活から抜け出しくてママ活をスタート。卒業した今でもママ活を副業として続けながら、ママ活界隈を盛り上げたくてママ活ノウハウを解説しています。

読みたいところをタップ!